ラジオの恋

映画『ラジオの恋』×auテレビ/ビデオパス2次会付 プレミアム試写会イベントレポート

★天才・横山雄二 全国公開に感激!★
映画『ラジオの恋』とauテレビ/ビデオパスがコラボレーションした映画史上初の2次会付プレミア試写会が、2月7日(土)スペースFS汐留にて行われました。

【18:30 イベント開始】(場所:スペースFS汐留)

広島県人は「天才といえば?」の質問に、8割の人が“横山雄二”と答える!!
広島でカリスマ的な人気を誇る現役のラジオパーソナリティ、<天才・横山雄二>が自らMCを務め、公開ラジオ番組さながらの舞台挨拶が幕を開けました。
まずは自己紹介。「僕は、広島で朝のレギュラー番組<平成ラヂオバラエティごぜん様さま>を13 年やっていて、広島で朝ラジオをつけると僕の声が流れてきます。僕は自分のことを天才・横山と言っているんですが(笑)、広島の人に<天才といえば?>とたずねると、8割の人が“横山雄二”と答えるんです。そのぐらいの知名度がある有名人です!」と自称にとどまらない<天才>の由来を語り、会場を沸かせました。

本作「ラジオの恋」の主演をするまでの経緯については「映画を作るという話があり、監督は誰だ?ということになり、アメリカで活躍されていた時川監督という方が広島出身で、広島に帰ってきているということで、監督に会うことになったんです。毎晩のように居酒屋でラジオについて語り合って、監督がシナリオを描き続け、この映画が出来上がりました。」本作は広島で上映され、大ヒットをしていますが、その当時について「広島では3週間上映されたんですが、ほぼ毎回満席でした。これ以上お客さんが入ると劇場の床が落ちると言われるぐらいでした。まぁ、もともと古い劇場なんで、若干床が落ちてたんですけど(笑)!」

ベテランの安定したトークで会場を沸かせながら、徐々に横山節が飛び出す中、時川英之監督が登場!

まず、監督は横山さんへの印象を語る。「僕は20 年ぐらい広島を離れていたので、横山雄二という人を知らなかったんですが、広島の人は子供から大人まで彼を知らない人がいないぐらい有名なんです。そして、有吉弘行さんやアンガールズさん、劇団ひとりさんをある意味育てたという方でもあるんです。」

有吉弘行さんとの交友について横山は
「有吉は、今みたいに売れてなかった時なんだけど、広島に来る時、いつも手ぶらで来るんですよ。なんにも持たないでやってきて、新幹線の改札で俺に会うといきなり『横山さん、明日、服買ってください!』って言うんです。そして次の日に『靴買ってください』って、そんなことが延々と続くんです(笑)。今、あんなに売れちゃったけど、売れてから一度もおごってもらったことがない(笑)!」と弾丸トークでエピソードを語った後、再び広島から全国公開に至ったことへの喜びを語り始めました。

「撮影の時は、暑い夏で、スタッフさんとか黒のTシャツを着ている人が多いんだけど、そのTシャツが汗でぬれて、乾いてを繰り返していくうちにそのTシャツが黒から白になっていくんだよね。そんな状況の中で作って、広島で上映されてヒットしたことも嬉しかったけど、こうやって東京に来て東京から全国に広がっていくっていうのは夢のようだよね。」

監督も「作っている時は、上映できるのかどうかもわかっていなかったので、広島の上映も嬉しかったですが、全国に広がっていくのは本当に嬉しいことです。」と感がい深い思いを語った。2人の感激ぶりが伝わる中、再び横山節が続く。「今日、みんなはタダで観るわけで・・・、タダ観とか許さないよ(笑)。あとで、みんなのメールアドレスを聞くので、「つぶやいたか?」とか毎日10 通ずつメールが飛びますよ。返信がないヤツには5日後に、ピザが5枚配達されますよ(笑)。」横山流の来場者への応援願いで、会場を盛り上げました。

約20 分の2人のトークの後、横山雄二応援隊サプライズゲストとしてサスケさんが登場。ヒット曲「青いベンチ」を生演奏で披露!
フォトセッションには、今話題のカープ女子(大井智保子さん)が応援にかけつけてくれました。

フォトセッション後、映画史上初の2次会への抽選会が行われる中、突如横山から異例の発言が…。「2次会来たい人?みんな来る?俺がおごるよ!みんな飲みに行こうよ!」主演キャストが来場者におごる発言が飛び出し、会場が盛り上がる中、抽選会は中断され希望者が全員招待される2次会となったのでした!

【19:15 本編上映】
今回は「全国公開バージョン」での初上映!
先日、時川監督が音響部分を修正し直したバージョン。
そして何と何と!矢沢永吉「トラベリン・バス」LIVE映像も同時上映!
これを観れば、本編内の挿入歌として「トラベリン・バス」が出てくる理由も納得いただけると思います。

【21:00 2次会開始】
(場所:クッチーナ エミリア・ロマーニャ by 旅工房)
小雨の中で当初お客様がお越しいただけるのか不安な中、みなさん駆けつけていただきました!
何と映画史上初!試写会のお客様を全員招待しちゃう2次会!
横山さんと時川監督のご挨拶と乾杯でスタートです!!

横山さんも時川監督も、サインや写真撮影に応じたりして、一般のお客様と映画の感想を語り合っていました。

何と会場には、女優で広島出身の及川奈央さん、國武綾さんも飛び入り参加!
お二人は時川監督の別作品にご出演しております。

そして広島出身のミステリー作家 島田荘司先生もご参加!
試写会で「青いベンチ」を熱唱いただいたサスケさんも合流!
ロックバンド「LORAN(ローラン)」のヴォーカリストで広島出身のYASSさんも合流!
「ラジオの恋」に出演いただいた中野杏さんもお越しいただきました!

とにかくすごいメンバーです!
横山さん、「ラジオの恋」&時川監督、そして広島を愛する方々がこれだけ集まるとは!!
横山さんと時川監督は所狭しと場内を歩きながら、色々な方々にご挨拶しておりました。
みなさん「ラジオの恋」について本当に和やかにお話いただきました。

横山さんと時川監督の締めの言葉と、プロデューサーによる関東一丁締め。
最後はお客さま全員と記念撮影!
まさに奇跡の1ショットです!
ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました!!

そして参加された方々にツイートいただきました!